行政書士事務所支援:国家資格で独立開業。行政書士事務所を開業するときに知りたいことを何でもご相談ください。現役の女性行政書士が二人三脚でサポートいたします。

トップページ│行政書士事務所支援 ─ 行政書士事務所のホームページ診断・修正アドバイス


「niago行政書士開業サポート」は、現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


行政書士事務所のホームページ診断・修正アドバイス

せっかく作った事務所ホームページ、集客ができなくて諦めていませんか?

せっかく作った事務所ホームページ、集客ができなくて諦めていませんか?

いまはとても便利な時代になり、「みんなのビジネスオンライン」や「Jimdo」など無料または安価で、ホームページを簡単に作ることができるサービスも増えています。ブログを作ったことのある方でしたら、それと同じような感覚でホームページを作ることができるようになりました。

そのため、事務所ホームページの制作を業者には頼まず、ご自身でホームページを作成なさって、その後の運営もご自分でされている行政書士の方もたくさんいらっしゃると思います。

ただし、「自分でホームページを作ることができる」ことと、「きちんと集客できる行政書士事務所のホームページになっている」ことは、まったくの別物です。webのプロではない行政書士の方がご自分で時間と労力を掛けてお作りになったホームページが、実際に集客できるしっかりとしたホームページになっているかといえば、恐らく、その逆であることがほとんどです。

ホームページは、何よりもお客様視点で考え、お客様に一番わかりやすいものを作る必要があります。そのためには、サイト(ホームページ)構成をどうするかをきっちりと考える「企画」の面が何よりも重要になります。

事務所ホームページの土台となる構成を考えず、思いついたページを片っ端から作成していくようなやり方では、ホームページではなく、雑多な情報を集めた単なるブログになってしまいます。

ホームページは、時系列のブログとは異なり、一覧性や整合性が肝になります。これがなく、ブログのように順不同でページが並んだ事務所ホームページは、お客様にはわかりづらく混乱を招く元となります。

例えば、いまどこにいるのかわからず迷子になってしまうホームページに出会ったことはありませんか? 欲しい情報にたどりつけなくて、見るのを諦めてしまったホームページはありませんか?

ひとりでホームページを作っている行政書士の方のホームページは、せっかく有益な情報を掲載しているのに、上記のようにお客様にとってわかりにくいものになってしまっている傾向があります。そして、自分ではホームページの構成がわかっていてどのページに何が書いてあるかを知っているため、却ってお客様がわからないこと自体に気づきにくいのです。これでは、せっかく作っても集客ができない自己満足な事務所ホームページで終わってしまいます。

また、安価なホームページ制作会社に依頼して作ったホームページは、多くの場合、サイト構成なども業者が提案するわけではなく、すべてひとりで考えなければなりません。そのため、見た目はきれいでも、結局は上記と同様、お客様にとってわかりにくいホームページになってしまっている可能性があります。きちんとお金を掛けて業者に頼んだのだから問題ないはず、とお考えになっていると、それが実は落とし穴になっているかもしれません。

仮に、事務所ホームページを開設して3か月以上経つのに、お客様からのお問い合わせやご依頼が1件もない場合、それは事務所ホームページに何か問題があると考えてもほぼ間違いではありません。ですが、どこに問題があるのかを自分でしっかりと診断・分析できる行政書士のは多くありません。

niago行政書士開業サポートでは、あなたの事務所のホームページを診断し、どのような問題点があるのか、どのように修正すればいいのかをレポートにまとめ、ご提出いたしております。

せっかく作った事務所ホームページ、集客ができなくて諦めていませんか? 「ホームページからお客さんは来ないものだ」と諦めてしまう前に、ぜひniago行政書士開業サポートにご相談ください!


行政書士事務所様だけではなく、社会保険労務士や司法書士、税理士、中小企業診断士、弁護士などの他士業様、個人事業者様、小規模法人様などのホームページ診断・修正アドバイスにも喜んでご対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

  • 行政書士事務所のホームページを作ったけれど、反響がない
  • 行政書士事務所のホームページを作ったが、お客さんが来ない
  • 行政書士事務所のホームページが役に立っていない
  • 行政書士事務所のホームページを診断してほしい
  • 行政書士事務所のホームページの見直しを考えている
  • 自分で作った行政書士事務所ホームページに、アドバイスが欲しい
  • 営業ツールとして使える行政書士事務所のホームページにするには?  など

ホームページは、画面に表示される部分がすべてではありません

ホームページには、目で見てわかる部分(画面に表示される部分)の他に、画面には表示されませんが、集客のために内部対策をとっておくべきもの、法律上、記載が必要なもの・やってはいけないことがあります。画面に表示される部分がすべてではありません

niago行政書士開業サポートでは、下記のような項目について診断し、どのように対策すればよいか、しっかりとアドバイスを行います。


■ホームページの見た目ではわからないが、内部で対策が必要なもの

  • 「meta」項目がきちんと入っているか、項目に適したものが記載されているか
  • 「タイトルタグ」がきちんと効果的に使われているか
  • 「Hタグ」がきちんと効果的に使われているか
  • アクセス解析ができる仕組みが入っているか
  • 「altタグ、titleタグ」などがきちんと入っているか  など

■お客様にとってわかりやすいかどうかに関わるもの

  • サイト構成が整理されているか
  • 全体の統一感があるか
  • ホームページで他の行政書士事務所との差別化ができているか
  • ホームページから事務所の強みが伝わっているかどうか
  • ターゲットに訴求するデザインや文章になっているか
  • お問い合わせ・注文しやすい導線になっているか
  • お問い合わせフォームにセキュリティ対策が取られているか
  • ホームページの文章が的確でわかりやすいか、SEO(検索エンジン最適化)対策が取られているか  など

■法律上、必要な対策

  • 第三者の著作権・知財等の侵害をしていないか
  • 「特定商取引法に基づく表記」や「個人情報保護方針」といった法律上、必要な記載が整っているか  など

「niago行政書士開業サポート」は、現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


Copyright©2015-2016 「niago行政書士開業サポート」みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.